上海days ココチャイナ

外灘 Amorino / Sep,2007

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利害!在上海日本人

2008-04-20-Sun-21:59
ついに悪夢の引越し準備開始です・・・。ごみにまみれております・・・。
少しブログで気分転換しないとー。

今日は利害(中国語で「すごい!」の意味)な在上海日本人パワーに
触れた日の記録。(日記が追いつきませぬ)

友人とそのご友人とディナーでスペイン料理「el Willy」に。
私の友人は日本人女性駐在員。英語を駆使して上海からあちらこちらに
出張しています。ステキ。他にも同じように日本から派遣されてきた
女性の知り合いがいます。カッコイイ~。女性が活躍してるのを見ると
訳もなくとてもウレシイ。

で、このお店の内装を手掛けたのは私の別の友人。

elwilly.jpg

(すみません、内装撮る雰囲気じゃなかったので(←小心者)入り口の写真。
内装はご本人のブログをご参照ください)
元駐在妻ですが、上海に残って仕事されてます。カッコイイ~。

食事後はお二人の知り合いの日本人男性の方のご自宅に流れました。
初めてお会いするその方はなんと4階立ての老房子( フランス租界時代に
立てられたクラッシックハウス)の持ち主。広~いワンフロアに
キーボード4台、チェロ、ギター等の楽器、古くて音最高なオーディオ機材、
山積みなCD・・・  立派なセッションルーム!

早速ディナーご一緒したご友人と持ち主さんとのジャズセッションが
始まり、私はといえばコーヒーを頂きながらソファで堪能。

きゃー 最後の最後でなんと贅沢な上海ジャズでしょ~!
カッコイイ~。(←お二人が、です。)

で、何故か私もLet it beを歌うことに(!)
上海最後のマイクは中華カラオケではなくなんと生音バックでした~。


前もブログに書いたかも知れませんが、私の海外生活憧れの
原点は「海の向こうで暮らしてみれば」というTV番組。
オープニングのジョン・レノンの「WOMAN」が流れる時は
何故かホントにぞくぞくするほど大好きな番組でした。
いつの間にかTV中のWOMANそのものな人達に囲まれていて
自分も少しはその世界に触れることが出来たのかも・・・
と思うと感慨深いです。



”For though they may be parted
There is still a chance that they will see
There will be an answer
Let it be”

(別れてしまうかもしれないけど
でもまた会うチャンスはあるよ
答えはひとつ
あるがままに)
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。